English|日本語

Welcome to The Fujita Laboratory

生体系では、弱い結合力に誘起され、DNA二重らせんやタンパク質の高次構造など、複雑でかつ高度な機能をもった分子の集合体が自発的に生成します。本研究室ではこのようなしくみに着目して、分子の機能的な集合体を自発的に構築する研究に取り組んでいます。

What's New

2014-09-19
神谷修平君が第64回錯体化学討論会においてポスター賞を受賞しました。
2014-09-16
荒井達彦君がSummer School-Challenges in Supramolecular Chemistryにてポスター賞を受賞しました。
2014-07-24
寧國宏博士が41st International Conference on Coordination Chemistry (ICCC41)にてポスター賞を受賞しました。
2014-05-01
Nature Chem.誌のResearch Highlights欄で成果が紹介されました。"Mutually exclusive"
2014-04-30
池本晃喜博士、神山祐博士、方煌博士が日本化学会第94春季年会において「学生講演賞」を受賞しました。